スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2011年08月26日

プレデターモデル

前回、トイザらスにてナーフの類似品っぽいバルカンを買ってきたよって書いたんですが、今回は遊んでみてのレポート書きます。

先ずはパッケージ

AIR BONE 

NERF

よく似てるっしょ?商品の写し方とか少年のドヤ顔とか。

マルイの電動ガンのパッケージとCAWのM79のパッケージくらい似てるよね。

箱を開けます

シンプルだー、商品を針金で固定してあるだけ。
付属品のBOXマガジン
30連アーモベルト

合体!カッコイイやないか!

コイツを起動するには6本の単1電池が必要。4本は発射機構用、2本は砲身回転用だ、そのためトリガーを緩く引くと給弾せずに砲身だけを回転できる、アサヒファイヤーアームズもビックリのギミック。

で、ちゃんと回ってる砲身から弾が出るのかと思いきや、実は回転する部分はダミー、弾が出るのは砲身の軸の真ん中からでしたw

発射サイクルは30発を20秒で撃ち切るといった感じです、ちょっと物足りないね、バッテリーをでかくしてハイサイカスタムしてみようかしら。

そしてこの商品で一番感動した点、それはハンドガード、ミニガンにハンドガードが付いてるといったらミニガンファンにはお馴染みのプレデターですね!

このオモチャを作った方もきっとプレデターを見て育ち、いつかはオレもとハァハァしていたんでしょう、バルカンにかける愛は世界共通なんだなと感じました。

発射動画

さーて、御殿場行く準備しなきゃ!ではまた。  


Posted by パーマ  at 00:27Comments(2)日記